トップ / コンピューターの速度

コンピューターの速度

コンピューター動作

コンピューターの動きが遅い

コンピューターの動きが遅くなる理由の一つに、起動すると同時に立ち上がる常駐型のソフトウェアの数が多いことが挙げられます。常駐型のソフトウェアとはコンピューターが立ち上がっている時に常に作動しているソフトウェアのことを言います。常駐型のソフトウェアが数多く立ち上がり過ぎていると、メモリという作業途中のデータを一時的に記憶する装置の容量を圧迫してしまい、その結果、全ての動作が遅くなってしますのです。常駐型のソフトウェアの代表的なものがセキュリティ対策のソフトウェアです。動きが遅い時は、メモリをどれだけ使っているのか確認が必要です。

コンピュータ,ソフトウェア

パソコン動作が遅いと感じたら

コンピューターを操作していて、動作が遅いと感じる時はないでしょうか。Cドライブの容量が限界にきていると、操作しているファイルの読み込みや作業速度が遅くなることがあります。インターネットで閲覧したページの履歴など様々な情報がCドライブに蓄積されていますので、時々クリーニングをする必要があります。クリーニングは簡単です。Cドライブのプロパティを確認してクリックすれば、自動的に古いファイルなどをコンピューターが自動的に選別してくれます。購入から一度もクリーニングをしたことがない方は是非試してみてください。場合によっては読み込み速度が驚くほど変わることがあります。

↑PAGE TOP

© Copyright コンピューターで楽しむ. All rights reserved.